トークイベントのお知らせ

2022年12月

2022.12月

「東北の古本屋」トーク 福島篇 「岡田書店三代のはなし」

「東北の古本屋」トーク

『東北の古本屋』トーク 福島篇
岡田書店三代のはなし
2022年12月11日(日) 18:00~19:30

出演 岡田悠(「岡田書店」店主)
   折付 桂子(『日本古書通信』編集者)

会 場 book cafe 火星の庭
入場料 800円+ドリンク代
要事前申し込み

kasei@cafe.email.ne.jpまで、
お名前・人数をお知らせください。

福島県の浜通り、楢葉町で岡田書店を営む
三代目店主・岡田悠(ゆたか)さんをゲストにお招きして、
八〇年に及ぶお店の長い長い道のりと今、思うことについて
語っていただきます。

聞き手は、岡田書店と親しくお付き合いのある編集者で、
今年一〇月に増補新版が刊行された『東北の古本屋』(文学通信)
の著者・折付桂子さんです。

『東北の古本屋』は折付さんが東日本大震災の直後に、
岡田書店の二代目店主・岡田共一さんにお会いしお話を伺うなかで、
交わした言葉がきっかけで作られました。
そのとき、共一さんは須賀川市で避難生活を送られていました。
もともと岡田書店はいわき市にありましたが、
震災後に転居と移転を経て三代目の悠さんが現在の地で
新たな出発ともいえる店舗を再開されました。

『増補新版 東北の古本屋』を上梓したばかりの折付さんには、
本には書かれなかったエピソードなど話していただけそうです。

四〇年近く、神田神保町で古本屋を見つめ続けて
「店の形は多様でいい。ただ、街には、広く深い古本の世界と
出会える場があり続けてほしい。」と語る折付さん。
この機会にいつもと違う角度から
古本屋に触れてみるのはいかがでしょうか?

『増補新版 東北の古本屋』は 火星の庭の通販サイトでもご注文を承っております。

https://kasei003.stores.jp/items/6343a0c1abc35c7b5cc71c2a